歯のイラスト
歯の治療

虫歯になっていない場合でも役立つ歯医者

歯のチェック

歯医者選びに迷ったら考えるべき事

歯の型をとる

歯医者の歯科検診は意外と重要!

マウスピース

良心的な通いやすい歯医者を探そう

大阪の歯医者の定期検診

大阪で社会人になって6年。私は普段、仕事で接客業をしているのでお客さんと話す事も多く、歯を見せて笑う事もたくさんあるのでいつの頃からか自分の歯の清潔さや口臭を気にするようになりました。でも仕事が忙しくて歯医者に行きたくてもなかなか行けませんでした。
そして社会人二年目になったとき、親知らずの痛みがあり抜歯をしてもらうために大阪の歯医者に行きました。もう何年も歯医者に行っていなかったので先生に虫歯もあると指摘されました。親知らずの抜歯と虫歯の治療と合わせて2ヶ月ほど毎週歯医者に通うことになってしまいました。週一回の休みがほとんど歯医者でつぶれてしまったのを今でも覚えています。最後の治療の日に先生から定期検診を受けませんかと言われました。
仕事の休みが少ない私に虫歯になる前に定期的に大阪の歯医者にきて歯の状態を見せて予防し、そのときに徹底的に掃除をしておけばよほどはみがきをさぼらないかぎり、虫歯はできませんよと言ってくれました。そしてそのときから3ヶ月に一度定期検診に行くことになりました。日が近づいたらハガキで知らせてくれるので忘れずに済むし、予約をしてあるのでさぼるわけにはいかないと思い今のところさぼったりはせずに通っています。おかげで最近では毎回定期検診のときに歯科衛生士さんにもよく磨けていると褒められます。そして虫歯ももうできなくなりました。虫歯になる前に皆さんにも定期検診に通ってほしいです。

歯医者の麻酔が効かない理由とは?

皆さんは大阪の歯医者さんで歯を治療してもらった時に、麻酔がイマイチ効かなかったなんて経験はありませんか。そんな時、麻酔が効かない原因は貴方の生活にあるかも知れません。今回はそんな麻酔が効かなくなってしまうかも知れないポイントをご紹介します。歯の治療に行く場合は、前日から体調を整えるのも大事な要素です。
まず大阪の歯医者で治療前日はアルコールを控える。アルコールは痛みを感じにくくするという作用があります。しかし、そのアルコールも飲み過ぎてしまうと、麻酔薬が効きにくくなるという可能性があります。また、アルコールを普段から飲み続けているような生活を送っていると、麻酔が効きにくくなるようです。歯の治療を予定している人は、麻酔薬を使うかも知れないと思って、前日の飲酒を控えた方が良いでしょう。
次に歯の治療箇所には麻酔が効きにくい所がある。歯を治療する際に歯の治療箇所が下あごの奥歯であると、麻酔が効きにくい可能性があります。麻酔をしているのに痛みが有り、効いていないと感じるのであれば、早い段階に医師に伝えて、追加の麻酔を打ってもらいましょう。歯の治療に重要な麻酔ですが、もちろん麻酔が効きにくいといった原因には、今回ご紹介した原因だけなく他の原因も考えられるでしょう。治療する箇所が炎症を起こし過ぎているといった原因や精神的な原因も考えられます。もし、麻酔がイマイチ効いていないと感じたら早めに大阪の歯医者に伝えましょう。

安心して治療してもらえる大阪の歯医者とは?

歯医者に行かなくてよければこれほど幸せなことはありません。なぜなら、「健康は歯から」と言われるくらいですから、歯医者知らずの人生を送ることができればどれほど素晴らしいことでしょう。しかし、現実問題として、これに当てはまる方は大人にはほぼ皆無と言えるでしょう。大阪の歯医者さんは健康維持のためには必須ですが、ではどのような歯医者さんであれば安心して通えるでしょうか。
まず最初のポイントは歯医者さんの実績や専門分野、そしてスタッフの数、そして診察器具類の簡単なレビューをネットや口コミなど、情報がもらえるところから徹底的に調べることが大切です。近所の大阪の歯医者さんに行くのであれば、ご近所さんに歯医者の評判を聞くのもひとつの手ですね。
そして次に大切なポイントは、実際に電話をかけて受付口での対応をみて判断することです。これは歯医者に限りませんが、社風のよい環境であれば、歯科医師だけでなく、そこで働いているスタッフも全般的に対応が明るくよいはずです。まずは電話口で丁寧な受け答えをしてもらえるかをチェックしてみましょう。この段階で適当な対応をしてくる場合は、その歯医者さんは候補から外したほうが無難です。
ここまでの段階である程度の安心感はもてるはずですが、それでもまだ不安が残る場合は、その大阪の歯医者さんの前を何度か通って中を覗いてみましょう。患者がいつもいるような歯医者さんであれば、まず大丈夫でしょう。